2018年04月15日

一流の司会者は引き締まりますねぇ

WBAミドル級タイトルマッチ 村田諒汰選手の初防衛素晴らしかったですね。

軽量級の試合ばかり見てる日本人からすると一発一発の重さが半端なくて

当たったら終わる!8とびくびくしながら見てました。

そしてまさしく右フック一発で倒したチャンピオンの凄さに感動しました50

この試合を盛り上げたのはもちろん両選手ですが、試合前のセレモニーでの司会者がこれまた一流だった。

ジミー・レノン・Jr

ボクシングファンなら知らない人がいない有名司会者。彼がコールすることで、まるでラスベガスで試合がされているかのようでした。

このブログを見ているボディビル関係者で例えるなら

角田和弘 JBBF競技運営委員長

7/22の石川県ボディビル選手権、オープンメンズフィジーク、フィットネスビキニ大会は角田さんの司会進行で行われます。

日本連盟主催大会に出場しなければ角田さんの司会はなかなか受けられませんぞ。

貴重な地方大会に是非ご参加を。
Posted by 石川県ボディビルフィットネス連盟 at 22:23